肌に疲れを残さない方法

睡眠があなたの明日の肌を決めてしまう

あなたは毎日、睡眠をたっぷりとっていますか?

 

毎日の眠りは、明日一日の肌状態を決めてしまうのです。

 

一晩眠りさえすれば元気になった20代の頃とは違って、
30代以降は、日々の過ごし方が肌に表れてしまうのです。

 

そこでこのコラムでは、
翌朝、あなたのお肌に疲れを残さない方法をご提案しますね。

 

良質な睡眠は明日の美肌につながります

過ごしやすい春や秋のシーズンは
たっぷり熟睡できますよね。

 

しかし30代以降の働く女性の多くは、
「なかなか寝付けない」
「夜中や明け方にふと目が覚め、そのまま眠れない」
という人も多いようです。

 

眠っている間は、お肌のメンテナンスタイム。

 

日中に受けたダメージを修復したり、新しい細胞をつくる成長ホルモンや、
細胞の老化を防ぐメラトニンというホルモンが分泌される時間となります。

 

質の良い眠りがとれるポイントをおさえて、
夜の時間を有効に使うことが美肌へとつながっていくカギとなります。

 

スキンケアはのちほどご紹介するクリームがおすすめですが、
そのためには基礎となる洗顔がしっかり出来ていないといけません。

 

とくに当サイトで紹介している洗顔石鹸を併用すれば
肌がきれいになろうとする力が高まる睡眠中に
厳選された美容成分がしっかりと働き、
翌朝には栄養の行き届いたイキイキとした肌へと導きます。

 

 

眠りに悩む、働き盛りの女性へ、質の高い眠りのポイント

夕食後にうたた寝をしない

ついつい満腹になると眠くなっちゃうもの。
しかしうたた寝をするとその分、夜、眠れなくなります。

 

どうしても眠りたい場合は、20分〜30分以内にとどめましょう。

 

睡眠環境を整える

年齢を重ねると、光や音、室温などに敏感になって
せっかくに熟睡しても目が覚めることもあるでしょう。

 

そこでおすすめなのが遮光カーテンやアイマスク。

 

できるだけ眠りやすい環境を整えることが肌状態の改善につながります。

 

お風呂はぬるめのお湯で

腰や手足の冷えが気になって眠れない、という声もよく聞きます。
もしかしたらあなたもそうかもしれませんね。

 

お風呂でぬるめのお湯にゆっくり浸かり、
からだの芯までしっかり温まりましょう。

 

お風呂に入るのは、睡眠の2時間前がベストタイミングです。

 

利尿作用のある飲み物はNG

睡眠前は摂取する飲み物に注意が必要です。

 

トイレに行きたくて目が覚めないよう、
珈琲やアルコール類などの利尿作用のある飲み物は、
就寝時間の4時間前までにしましょう

 

 

くすみや弾力のなさに応える、肌疲れ改善クリームとは?

気になるくすみやハリのなさ、かさつきなどの
年齢サインをケアする高機能エイジングケアクリームをご紹介します。

 

翌朝は、しっとりと、弾むようなイキイキ肌を実感できるでしょう。

 

とくに効果のある使用法として、

 

軽く引き上げるようにして塗布

 

適量を手に取り、肌になじませます。
たるみが気にある部分は、斜め上へ引き上げるようにして塗ると効果的です。

 

手のぬくもりで浸透を促す

顔全体にクリームをつけたら、
両手のひらから指先までで顔を覆い、クリームをしっかり肌に浸透させます。

 

このときも軽く引き上げるように。

 

管理人おすすめの肌疲れ改善のBBクリーム