お手入れの基本「洗顔」入門

「正しい洗顔方法」をマスターして美肌を作る

毎日の洗顔、あなたはどれくらい丁寧にしていますか?

 

帰りが遅い日や、疲れているときなどは「ああ、面倒くさい・・・」と適当に済ませてしまったり、毎日ただ何となく顔を洗っている、なんてことはありませんか?

 

美肌を作る基本は「毎日の洗顔」。洗顔を丁寧に、正しく行うことが、美肌を育てるもっとも重要なポイントなんです。

 

高価な洗顔料や化粧品を使う前に、このコラムを読んで、日頃の洗顔を一度振り返ってみませんか?

 

でもどうして美肌に洗顔が必要なの?

洗うぐらいで美肌になれるなら何度でも洗うけど、洗顔ってそんなに大事なことなの?

 

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

顔をまったく洗わない、という方はほとんどいないでしょうが、もしも顔を洗わなかったら、と、想像してみてください。

 

洗顔されないお肌の表面には、どんどん角質が溜まっていって、角質層が分厚くなっていきます。

 

いらない角質をピーリングで取り除いて、つるんと柔らかいお肌に戻すお手入れがあるように、角質層が分厚くなってしまったお肌は固くなってゴワゴワに。

 

固くなったお肌は手触りが良くないだけでなく、シミやくすみができやすい状態になってしまいます。

 

肌表面の老廃物も取り除かれないままなのでターンオーバーも乱れ、お肌はボロボロになってしまいます。

 

そう考えると・・・やっぱり洗顔って、必要ですよね。

 

じゃあどうやって洗うのが正しい洗顔方法なの?

でもいつもちゃんと洗ってるのに美肌にならないのはどうして!?

 

なんて、怒ってらっしゃる方はいないでしょうか。

 

洗顔は誰に教えてもらった訳でもなく、自分なりの方法で何となく洗っている、という方がほとんどだと思います。

 

それでももちろん洗わないよりはずっと良いですが、洗顔で美肌を作るためには、正しい洗顔方法をマスターするのが一番の近道です。

 

では、正しい洗顔方法をチェックしていきましょう。

 

洗顔料で洗う前にぬるま湯で汚れを落とそう!

洗顔料で洗顔する前、ぬるま湯で顔の汚れを丁寧に洗い流します。
さっと濡らすだけではなく、顔全体の皮脂や汚れを手のひらで拭うようにして、ぬるま湯でゆっくりと洗いましょう。

 

洗顔料は泡立てて、泡で顔をマッサージするように洗おう!

洗顔料は適度に泡立てて、その泡で顔をマッサージするようにやさしく洗います。
泡の固さや泡立ちの良さなどは好みで選んで構いません。
泡でマッサージすること、洗いすぎないことが大切です。
石けんで洗っている時間は長くても30秒ほど。自分で思っている以上に汚れはしっかり落ちています。

 

すすぎはしっかり&タオルでやさしく水分を拭き取ろう!

洗顔の中でもっとも大切なのが「すすぎ」。ぬめりが完全になくなるまで、よく洗い流します。
生え際やフェイスラインは泡やぬめりが残りがちな部位なので念入りに。
すすぎが終わった後は、タオルに水分を吸わせるように、やさしく顔の水分を拭き取ります。

 

石けん選びも大切だけど、洗い方にももっと気を配って!

さて、あなたは正しい洗顔方法で毎日洗顔できていましたか?

 

「できていたよ!」というあなたは、おそらく肌トラブルの少ない、健康なお肌の持ち主でしょう。

 

そうでなかった場合も、今回ご紹介した方法で洗顔しているうちに、お肌の状態が良くなってくるはずです。

 

洗顔が適切かどうかは、翌朝のお肌の状態が良いかどうかで判断してみてください。

 

もしも朝起きて乾燥がひどい、皮脂の分泌がひどいなど、気になる状態がある場合は、洗顔料か洗顔方法があなたのお肌に合っていないという証拠。

 

自分に合う洗顔料が見つかるまで、根気よくいろんな洗顔料を試してみてくださいね。

 

ちょっと時間がかかって面倒だな・・・と感じるかもしれませんが、毎日顔の表面に溜まっていく汚れを丁寧に洗い流すことで、洗顔だけでむきたまごのようにツルンとしたお肌になることは十分に可能です。

 

毎日の洗顔を見直して、すべすべの美肌を手に入れましょう。