「正しい洗顔方法」をマスターして理想の陶器肌を目指そう!

洗顔で透明肌になろう

 

女性なら誰でも透き通るような陶器肌に憧れますよね。

 

でも、ただ何となく顔を洗っているだけでは、肌は生まれ変わりません。
帰りが遅い日や、疲れているときなどは「ああ、面倒くさい・・・」と適当に洗顔を済ませてしまうなんてことはないでしょうか。

 

肌をつくる基本は「毎日の洗顔」。
洗顔を丁寧に、正しく行うことが、美肌を育てるもっとも重要なポイントです。

 

そこでこの記事では輝くような陶器肌をつくるための正しい洗顔方法についてまとめてみました。高価な洗顔料や化粧品を使う前に、このコラムを読んで、日頃の洗顔を一度振り返ってみましょう。

陶器肌づくりに正しい洗顔が欠かせない理由とは?

女性

洗顔は汚れを落とすだけではなく、ほぐして柔らかくする役割もある

もしかしたらあなたは「洗うぐらいでふっくら絹肌になれるものなら苦労しないよー」と、お考えかもしれませんね。

 

たしかに洗顔だけですぐに美肌になれるわけではありませんが、すこやかでみずみずしい肌環境をつくるために正しい洗顔をする必要があるのです。

 

洗顔は、皮脂や毛穴の汚れを落として肌を清浄にするだけでなく、肌をほぐしてやわらかくする役割も担うわけですね。

いい加減な洗顔をしているとお肌をボロボロに

もし適当にちゃちゃっと洗顔したり、気持ちよさを求めて洗いすぎてしまうとどうなるでしょう。

 

荒っぽく洗ったお肌の表面には、角質がどんどん溜まっていくため角質層が分厚くなっていきます。固くなってゴワゴワになったお肌は、シミやくすみをできやすい危険な状態に。

 

いい加減な洗顔では、毛穴汚れも十分落ちておらず、肌表面の老廃物も取り除かれていません。ターンオーバーも乱れ、お肌はボロボロになっていくのです。

 

そう考えると・・・やっぱり洗顔って、必要ですよね。

 

洗顔石けんの選び方

石けん

 

洗顔石けんは泡立ちがよさで選ぶのが一般的ではないでしょうか。

 

たしかに洗顔料は皮脂の汚れをしっかり取り除き、肌にとって不要な成分を残さないという意味では、泡立ちのよい石けんが理想といえるでしょう。

 

しかし自分の肌状態を無視して泡立ち重視で選ぶと、肌トラブルを招いてしまうことも。

乾燥肌・敏感肌

泡立ちがよく洗浄力の高い石けんは、脂をとる力が高いため、乾燥肌や敏感肌の場合、干上がった畑のような状態にしてしまうこともあるのです。

 

洗顔することで乾燥を助長することになり、新陳代謝が崩れてシミを招いてしまうことも。乾燥肌の人は、「しっとり重視」「保湿重視」で石けんを選ぶようにしましょう。泡立ちは二の次です。

脂性肌

泡立ち重視で選んでも問題はありません。皮脂をしっかり落とすためにも、もこもことしてへたらない泡がつくれる石けんを選びましょう。

 

とはいえ、脂性肌でもうるおいや保湿を軽視してはいけません。場合によっては混合肌を招いてしまうこともあるからです。

肌タイプを選ばない洗顔石けんは?

すべての肌タイプに対応している洗顔石けんといえば、「然 よか石けん」や「どろあわわ」です。

 

いずれの石けんも、豊かな泡立ちと洗浄力にくわえて保湿サポート成分を配合。こすらない泡洗顔にこだわっているので、刺激や摩擦を起こすことなく、やさしく毛穴の汚れを洗い流します。

 

透き通る肌をつくるためには、自然に素肌がきれいになっていく力を高める必要があります。

 

とくに「然よか石けん」は、余計な成分を一切排除して、完全無添加を実現した石けんです。トラブルのない肌環境をつくるのにこれほど心強いスキンケア商品はありません。

透き通るような陶器肌をつくる!正しい洗顔方法まとめ

関連 2大石鹸対決!「どろあわわ」と「よか石鹸」の比較レポート

管理人イチオシの「よか石けん」と「どろあわわ」の洗い比べてみました。あなたの洗顔石けん選びの参考にしてくださいね。

透き通る陶器肌をつくる、正しい洗顔方法とは?

洗顔のプロセス

泡

 

洗顔は誰に教えてもらった訳でもなく、自分なりの方法で何となく洗っている、という方がほとんどだと思います。

 

もちろん洗わないよりはずっと良いですが、洗顔で美肌を作るためには、正しい洗顔方法をマスターするのが一番の近道です。
そこで正しい洗顔方法をチェックしていきましょう。

お湯はNG!少し冷たいくらいのぬるま湯で洗う!

洗顔料で洗顔する前、ぬるま湯で顔の汚れを丁寧に洗い流します。

 

さっと濡らすだけではなく、顔全体の皮脂や汚れを手のひらで拭うようにして、ぬるま湯でゆっくりと洗いましょう。

 

40℃くらいのお湯は、入浴時のシャワーと同じくらいの湯温ですから、洗顔してもそれほど違和感はありません。しかし、肌に必要なうるおいまで洗い流してしまいます。
33℃前後の少し冷たいくらいのぬるま湯が洗顔がベストです。

やさしい泡洗顔でマッサージするように洗う!

洗顔料は泡立てて、その顔をマッサージするようにやさしく洗います。汚れが気になるからといって指でごしごし洗うと摩擦でお肌をいためてしまうことに。

 

皮脂や毛穴が気になるTゾーンから始めて、顔の中心から外側に向かって、泡で円を描くようにマッサージしていきます。

 

泡がへたらないように最後まで泡で洗うのポイント。ものたりないかもしれませんが、自分で思っている以上に汚れはしっかり落ちています。

すすぎはしっかり&タオルでやさしく水分を拭き取ろう!

洗顔の中でもっとも大切なのが「すすぎ」。ぬめりが完全になくなるまで、よく洗い流します。

 

生え際やフェイスラインは泡やぬめりが残りがちな部位なので念入りに。すすぎの目安は20回程度。

 

洗顔が終わった後は、タオルに水分を吸わせるように、やさしくお肌におしあてます。間違ってもタオルでごしごし拭かないように気をつけましょう。

 

石鹸洗顔するとつっぱるときはどうすれば良い?

肌トラブル

 

「洗顔後のお肌のつっぱりが気になる・・・」ということがあるかもしれません。
しかし、石鹸で洗顔したときに、肌がつっぱるのはごく当たり前のことなんです。

 

肌がつっぱったように感じるのは、洗顔直後は、皮膚がアルカリ性に傾くのため。

 

アルカリ性に傾いた状態から弱酸性に戻そうとする肌本来の力が働くので、多少つっぱる感じがする程度であればそれほど気にする必要はありません。

 

石鹸での洗顔を控えた方がいいケースとは?

あまりにもつっぱり具合がひどいと感じる場合や、肌がピリピリ、ヒリヒリしたり赤く腫れたりするような場合は石鹸洗顔はおやすみしましょう。

 

これは、肌の状態が乾燥してバリア機能が弱くなり、肌が敏感な状態になっていることが原因です。

 

肌がピリピリするときは、できれば洗顔料を使わず、ぬるま湯などでやさしく洗顔してください。

 

ただし、ぬるま湯だけでも汗はホコリ汚れは落ちますが、皮脂汚れは十分に落ちません。皮脂が残ったまま放置しておくと、肌トラブルを招くだけでなく、化粧水や乳液の浸透しづらくなります。

 

ぬるま湯だけだと洗浄力に不安がある、という場合は、合成界面活性剤が使われていない、中性や弱酸性のマイルドな洗顔料を使うようにしましょう。お肌のコンディションが落ち着いてきたら、石鹸洗顔に戻すのがオススメです。

 

まとめ

さて、あなたは正しい洗顔方法で毎日洗顔できていましたか?

 

もしも朝起きて乾燥がひどい、皮脂の分泌がひどいなど、肌状態がよくない場合は、洗顔料か洗顔方法があなたのお肌に合っていないという証拠。

 

適切な洗顔石けんで正しい洗顔をしていくことで、透き通るようなお肌の土台をつくることができます。

 

もしも、洗顔石鹸をどれにしようか迷っているなら、「然 よか石けん」を試してみてもいいかもしれません。

 

毎日の洗顔を見直して、すべすべの美肌を手に入れてくださいね。